sumu-style.jp

素材と工法

スイス漆喰カルクウォール

漆喰はヨーロッパ全域で3000年以上も前から現在まで、ごく当たり前のように使われる壁材です。スイスでは特にアルプスから豊富に産出する、高品質な石灰岩を原料にした漆喰を使うことが現在でも盛んです。古来からスイス漆喰の強アルカリ性や、調湿性、そして空気を浄化する特性は暮らしを心地良く、快適に保つことが知られています。海に囲まれた日本の漆喰と違い、海藻やスサなどを入れません。スイス漆喰は、石灰と石灰が直接結合しやすいように天然の添加物を最小限に絞ることで、元の石灰石のように堅く丈夫になるのです。

 

カルクウォールの特徴

 

漆喰は質感変更可能

 

リボス自然健康塗料

 

スムスタイルでは、リボス社の亜麻仁オイルから作られた自然素材塗料を使用しております。
リボス社は、人の健康と安全を追求した自然塗料のパイオニアで世界で初めて人の健康と安全を考えた自然素材の塗料メーカーとして世界的に知られています。
リボス社のつくる自然塗料は、40年以上にわたる研究・開発と、創業当時から安心・安全な製品を届けたいと、製品に含まれる全ての成分にもこだわっています。

 

亜麻プロジェクト

 

リボス社は人と自然が調和する製品づくりを目指して、塗料の主成分である亜麻の栽培にも力を入れており、有機栽培による亜麻を栽培しています。
収穫された亜麻の種(亜麻仁)からのオイル抽出は一般的には80℃程度の高温で行われますが、リボス社では40℃の低温で時間をかけて抽出します。低温抽出されたオイルは、天然の酵素やビタビンA・Eが壊れず食品レベルの安全性を保ち、良質な原料そのまま塗料自体の高い品質となり、硬化後の木を保護する力と性能を高めます。

 

食品レベルの亜麻仁オイル

リボスカラーチャート

 

無垢の床材・天井材

自然素材の無垢材は、有害な成分を発散しない安全な建材というだけでなく、年を経てば経つほどに樹木のもつ本来の風合い・質感を楽しむことが出来ます。年月が経っても玄関を開けると木の香りに包まれるといったことも魅力のひとつ。スムスタイルは、そのような無垢材を標準仕様としています。

 

はだしがきもちいい

 

無垢材の温湿調整効果

 

無垢材の種類はたくさんあります。スムスタイルの標準仕様は、味のある節目模様がはいったパイン材。他にもオーク・杉・桜・メイプルなど取り扱っております!もしお好みの木材・こだわりの木材ございましたらお申し付けください。

 

天井にも無垢材を

信頼の施工ポイント

日本の住宅はよく持って40年など言われていますが、そんな事はありません。
現在では、建築技術や業者のモラルも高まり、特別な家でなくともしっかりとした工事・工法に定期的なメンテナンスを怠らなければ、新築後100年、200年単位であり続けることが可能です。

  • ベタ基礎

    ■ ベタ基礎

    ベタ基礎とは、基礎の立上りだけでなく、底板一面が鉄筋コンクリートになっている基礎です。家の荷重を底板全体で受け止め、面で支えます。また、地面をコンクリートで覆うので地面から上がってくる湿気を防ぎ、シロアリの侵入も防ぎます。

  • 基礎パッキン工法

    ■ 基礎パッキン工法

    土台と基礎の間に床下を通気させるため、特殊なパッキンを採用しています。これによりシロアリを発生しにくくしています。

  • 木造軸組工法

    ■ 木造軸組工法

    日本で古くから発達してきた伝統工法の1つで在来工法とも呼ばれています。他の工法に比べて設計自由度も大きく細かな間取りが作りやすいのでお客さまの要望にお応えしやすい工法です。

  • 剛床工法

    ■ 剛床工法

    28mmの構造用合板を使用した剛床工法を採用しています。
    これにより床を一体化させ、地震に対する強さ、構造の安定感がさらに高くなっています。

  • 外壁通気工法

    ■ 外壁通気工法

    壁体内の湿気を透湿防水シートという材料で壁を覆い、外壁材との間に外気が流れる層をつくることによって、壁内の湿気を透湿防水シートから通気層を通して外部に放出する工法です。
    この工法のメリットは、壁体内結露を少なくすることが出来る事にあり、その結果、建物の耐久性が向上することになります。

“来場ご予約キャンペーン”
電話アイコン
お電話
無料相談会アイコン
無料相談会
イベントアイコン
イベント
資料請求アイコン
資料請求